トップ

金属

レーザー使用のインプラント治療

健やかなお口の健康を守り、末永く自分の歯で食事できることが一番ですが、虫歯などで歯を失ってしまった場合には、歯科的治療が必要となります。インプラントは失った歯を補う治療法として一般的になっているのです。中でも近年注目が高まっているのが、歯科用レーザーを使った治療法です。これは水分に反応してすばやく吸収されるので、組織の損壊が少なく済むというのが特徴となっています。インプラント手術前に使用する場合や、術後やメンテナンス時に使用する場合など使い方はさまざまですが、感染防止や刺激の遮断、消炎鎮痛効果などが期待できます。

レーザー使用による治療方法

インプラントによって埋め込まれた人工の歯は丈夫で、半永久的に維持されるものとなります。これは、入れ歯によってもたらされる付け替えの手間や、粘着が甘く途中で剥がれてしまうといったトラブルから解消されることを意味します。インプラントの治療には、歯科用レーザーによって施される場合があり、炭酸ガスを媒体にしたタイプが一般的です。炭酸ガスのメリットには、切開面を熱凝固していく性質があるため、細菌の感染や出血を抑える働きがあります。その上、レーザーを使用することによって、細胞組織の損壊を最小限に抑えることができます。

↑PAGE TOP